インタビュー第2弾!~5S-2委員会~

こんにちは!
~広報委員Hits!~の みぃまるこです(^^)/\(^^)

さて、この春から始まった 我社の
『 委員会活動 』

現在、各委員会チーム、想いをのせて
一歩一歩 前進中です

 

今回は、
委員会へのインタビュー第2弾!!
ということで、

もう一つの5S委員会 5S-2委員長 を直撃し、
約2ヶ月間の活動をやってみての、今の心境を聞かせてもらいました 📢✨

第1弾の 委員会活動紹介 記事
5S-1委員長に直撃インタビュー! 
を見たい方は コチラ👆

早速インタビュー、スタート!!

 

Q1.委員会活動をやってみての感想を 聞かせてください

A.8人のチームですが、皆でやることの難しさを痛感しています。
人のこと、時間のこと、場所のことなど、常に考えて進めるようにしています。
みんなが協力してくれて、助けられてる部分が大きく、本当にありがたいです。
今は難しくても、今後は “喜び” に変わっていくといいなぁ、と思っています!


Q2.現在と今後の活動内容について教えてください

A.現在は、チームで 内職出し作業場の効率改善を 進めています。
普段 その部署にはいないメンバーからの客観的な目線で、
“これ、何?” “これ、何に使うの?”と意見・質問を出し合い、
必要のないモノ、必要のないスペースを 見つけ出しています。

滞留品を処分もしくは期限を決めて保留化した後は、
我が社の得意な 表示・見える化 を行っています!
内職出し作業場の次は、 出荷場スペースに取り掛かりますよ~!

Q3.活動方針に、“皆で〇〇”という言葉が多くありますが、そこにはどんな想いが込められているのですか?

A.メンバーがたくさんいるから、私一人の影響力は小さいとか、意見は出さなくていいかな、ではなく、
メンバーがいるから“こそ”、
“私は影響している”、“私は意見を発信して、実現することができる”という考えで
一人一人が取り組んでほしいと。
そういうメンバーが集まったチームで、
大きな達成感を皆で味わいたい という想いから、決めました。

 

Q4.5S-2委員会には、チーム名の他に、合言葉がありますよね。
ベトナム語のチーム名 ‹ SACH › ・合言葉 ‹ Quyet tam ›に込めた想いは 何ですか?

A. チーム名 SACH(サチ) = きれい
これは、ベトナムの実習生達が考えてくれたものなんです!
チーム名を募集したとき、率先して意見してくれて。メンバー全員賛成で 即決定しました。
言語の壁があっても、“気持ちには壁がない” ことを、感じました。

合言葉 Quyet tam(クエット タム) = 一心
毎回 活動に入る前に、皆で手を重ね
実習生の掛け声に合わせて、
『 1、2、3、Quyet tam !』
と、チームの気持ちを一つにしています^^

 

Q5.最後に、このブログを読んでくれた方たちへ、メッセージをお願いします!

A.5S 改善の第一歩は  “これ何?”を見つけ出すこと
だと、ここまでの経験から、実感しています。
世情が落ち着いたら、ぜひ我社に見学に来てもらいたいです。
自慢できる会社✨にするために、これからもチームで力を合わせて、がんばります!

 

 

~~~~~

5S-2委員長、熱い想いを語って頂き、ありがとうございました!
何もないところからのスタート、メンバー一丸となって活動する意味、今後に向けての想い…
様々な 現場の生の声を聴かせてもらいました✨

“皆が居るから頑張れる、皆のために頑張れる”

そんな5S-2委員会の想いと心を、
この記事を読んでくれる方へ発信できること、
広報委員の一員として嬉しく思います。
今後の展開も、随時お伝えしていきますね!

Quyet tam!!

 

前回の委員会記事は コチラ (*^^*)⇓

 


📷インスタでも
製造現場・活動・社員日記を配信中
お気軽にフォローしてくださいね☺
Instagram:sakai_1952

関連記事はこちら

金属切削加工業のプロフェッショナル、野村精機株式会社
坂井製作所 採用情報
社長と座談会
PAGE TOP