シン 坂井イズム始動!

㈱坂井製作所では2021年度における藤田社長の経営方針である
「全員経営」の考え元
パート社員やベトナムからの実習生も含めて全社員が参加して
製造現場では安全、生産性向上で最も重要な5S活動を始め
我が社のこれからの経営理念を再構築する活動や
これからの坂井製作所の成長戦略の要となる新規自社製品の開発活動、
製造業として新しい技術取得を目指した技術向上活動、
㈱坂井製作所の強みなど様々な情報を発信する広報活動など
6つの委員会活動が新しく始まりました。
今回のブログでは各委員会の活動概要をご紹介させていただきます。

 

◊理念委員会
●活動目的
社長方針である『全員経営』を進めるためには理念体系の確立と理念浸透は重要と考えます。
その為に、「13の徳目」「理念と経営」の冊子を活用し、
社員一人ひとりが「経営理念」「目的と使命」「教育理念」「行動指針」を理解できる場を作ります。
また時代に合わせた理念体系に変化させていきます。
そして、それぞれが「唯一無二」の存在と価値を自覚する事で社会への役立ち、
技術力の向上、仲間への思いやりの価値共有を高めていきます。
①経営理念体系の確立
②理念の浸透
理念体系ごとの文言(主文)や副文を決めます。
また、理念や文言に対するエピソード(理念が行動に変わった出来事)を積み上げて、HPに掲載します。
●運営方針
〇実際に行うべき行動を明確にして他社の事例を「理念と経営」を読んでざっくばらんに話し合う場にしていきます。
〇理念を共有するための勉強会を開催します
〇価値感の共有が出来る場を作ります
〇「13の徳目」の冊子にあるタスクマップの記入とアドバイスを継続的に進めます
〇「理念と経営」の冊子を用いて2ヶ月に一度、勉強会を開催します
〇これらの活動を通して、自己効力感・自己肯定感を高めていきます

 

♠5Sー1委員会


●チーム名:ここ一番や!!
●活動目的
社長方針である「全員経営」にのっとり、営業活動の一環として、
「自信をもってお客様に見て頂ける会社」を目指します。
5S活動を行う事とは、
QCDS=Quality(品質)・Cost(コスト)・Delivery(納期)・Safety(安全)を高めます。
その5Sが徹底されたわが社を見て頂くことで、
お客様から「ここに依頼したい」という信頼を得ることに繋がると考えています。
また、コロナ禍の中、実際に来て頂くことが困難でも、
ホームページなどのSNSに、『魅せる』ポイントをおさえた動画や写真を掲載して、
㈱坂井製作所をアピール、自社の発展に寄与することを目的とします。
●運営方針
〇各エリアに「映える」ポイントを作り、アピールします。
〇お客様にわかりやすい、見学コースを提案します。
〇見た目にこだわり過ぎない、効率・安全を第一にした5Sを行います。
〇定期的に活動内容を発信し、社員全員で5Sを進めます。
〇QCDS(品質・コスト・納期・安全性)を高めるための5Sを推進します。
〇エリアごとに担当(窓口)を決め、5Sの継続・維持に努めます。
〇自由な発想をもって、楽しんで活動することにより、チーム力を上げます。

 

♣5S-2 委員会

●チーム名:「SACH」=ベトナム語で「きれい」の意味
 ●活動目的
3ムの削減(ムダ・ムラ・ムリ)= 効率改善
Quyet tam(クエットタム)= 「一心」 チームで心を一つにしよう。
探すムダ、作業時間のムラ、ムリで発生するミスを無くします。
誰が見てもキレイだと思える職場環境を造ります。
気持ちがいい、スッキリを具体的な形にします。
★基本スローガン
これ何?をなくそう!
整理・整頓を徹底しよう!
安全・安心な職場作り!
●運営方針
〇皆で問題点を見つけましょう。⇒ 些細なことでも声に出します。
〇皆で解決策を考えましょう。⇒ 皆で知恵を出し合います。
〇皆で一緒に活動しましょう。⇒ 活動の満足度を高めます。
〇皆で一緒に振り返えります。⇒ 皆でもっと欲を持って活動します。(もっと良くしよう、もっと良くしたい)

 

♦技術開発委員会 


●チーム名:SAKAI TECHNOLOGY(坂井テクノロジーズ)
●活動目的 
自社の加工技術の見つめなおし 強い製造現場を実現します。
現在ある加工財産(設備、刃物、及び工程「Prg」)と加工技術を見つめなおし、
(株)坂井製作所にあう、新しい加工技術や工程を
一つでも多く学び、考え出していきたいと考えています。
その為には技術顧問である村井先生から技術吸収が必須と考え
指導いただいた内容を元に最終的には新しい要素技術を積み重ね、
強い製造現場を目指します。
●運営方針
〇みんなで決めた日程は必ず守ります。
〇やらなくていい事はやらない、やらないといけない事は手短に行います。
〇どのような形でも記録は残す、失敗しても記録は残す
〇技術顧問(村井先生)から技術吸収をし、品質安定・加工時間短縮を目指します。
〇委員会活動結果、身につけた技術は製造現場に反映させます。

 

∞自社商品開発委員会


●チーム名:ハーモニー
●活動目的
全員が満足できる商品を創造します。
自社商品開発を通して一人一人が主役となり、
会社の新たな柱となる自社ブランドの新商品を創造・製作していきます。
下請け製造業としてのベースの技術力を活かし、
男性と女性の良いアイデアを取り入れて形にしていき、生活に潤いを与える
商品を開発する。メーカー機能を持てる企業を目指します。
●運営方針
〇必ず全員参加しましょう。
〇一人一人が役割を持ち活動していきます。
〇進捗の確認を週に1回行います。
〇振り返りを月に1回行います。
〇毎回議事録を残し情報を共有します。
〇報連相を必ず実行します。
〇数字を意識して活動します。
〇探求心をもって活動します。
〇学ぶことを楽しみます。
〇お互いに助け合って活動します。

 

♥広報・PR委員会


●チーム名:Hits!(広げる・愛・繋がる・坂井製作所&幸せ)
●活動目的
会社の価値提案を発信していくことで、
お客様・社会から選ばれる企業にしていきます。
我社とお客様・社会の架け橋となれるよう、
製造業としての枠を越えた幅広い価値を情報発信することで
企業さまのパートナーとして選んでいただけるよう
広報活動を行っていきます。
●運営方針
〇チャネルを通じてお客様・社会へ
“楽しさ、優しさ、幸福感、希望感”を提供します。
〇自社の「強み・資源・長所」を深く理解して、より多くの価値を見出します。
〇メンバー全員の健全度の高いチームワークで、多様な視点から
「情報・意見・アイディア」を出し合い、それらを
みんなで定期的に社内外へ発信します。
〇常に他の委員会との連携を保ち、効果的な戦略を打ち出します。
〇メンバー自身の生活の様々な場面で、常に好奇心を持って情報を探します。

 


📷インスタでも
製造現場・活動・社員日記を配信中
お気軽にフォローしてくださいね☺
Instagram:sakai_1952

 

関連記事はこちら

金属切削加工業のプロフェッショナル、野村精機株式会社
坂井製作所 採用情報
社長と座談会
PAGE TOP