2020年6月女子会 ~テーマ:絵手紙~

こんにちは🌈
坂井製作所 事務社員のSです^^

会社情報

我社の 女子社員による ランチ時間のイベント
SAMIDARE会

コロナ対策のために 3月からお休みしていましたが、
先日、4ヶ月ぶりに再開することができました!

三密を避けるために、広い場所を準備し、
感染予防に努めての開催です。
久しぶりの集合、
ワクワク時間のスタートです  (*´∀`*)ノ。+゜*。
。*゚+.*.。+..。*゚+

 

今回、講師担当のJさん☆

テーマは ~絵手紙~✍️ です。

Jさんは、2年前に3ヶ月間、絵手紙講座に通ったことがあり、
そこで 絵手紙の楽しさを知ったとのこと。

こんな時代だからこそ、人の心に届くものを・・・
という 想いを込めながら、
今回の企画を 進めてくれました。

~~~~~

ここで材料の紹介です

絵手紙専用の顔料たち ↓↓
朱(しゅ)、鶯録(うぐいすろく)、浅葱(あさぎ)・・・
日本独特の色彩と
その色につけられた名前たちが、
なんとも素敵です・・・(*ˊ艸ˋ*)

~~~~~

 

まずは!

基本の描き方の動画を見てから、、、📹
30分間の制作時間が始まりました!

Jさんが、当日までの準備として
下描き用の紙を 配っていてくれたので、
題材や筆文字、構図などは
みんな ばっちりです♪

 

集中した制作時間。。。

 

\ みなさん、とってもお上手ですー! /

 

~~~~~

描いた後は シェアタイム です🎵

 

 

誰を想って
どんな気持ちで
何を願って 描いたかなど✨😌

 

 

きれいな 絵とともに
心を込めた メッセージ🍀

 

 

季節を迎える愉しみを届けよう
もらった人に 元気になってもらおう
感謝を伝えよう

 

 

それぞれの ストーリーが
前向きな目線で描かれ、

 

どれもどれも

本当に素敵な作品ばかりでした✨✨

 

現在、世の中は まだまだコロナを警戒し、
“ソーシャルディスタンス”というやむを得ない
人との距離をとりながらの生活 が長く
なっていますが、

家族、友人などの 絵手紙の向こうにいる
“大切な人”の笑顔を 想いながら
一生懸命に 描いているみんなを見て、

絵手紙は、もらった人だけじゃなく、描いている人も
元気になるのかもしれない!!ということに
気付きました。

直接会えなくても、
パワーが伝わる、湧いてくる

イメージの力って すごい ですね!!

 

~~~~~

会の終了後は、すだれをかけた 食堂の壁に、

みんなの作品を 飾りました🎋

 

我社の男性からも

「 みんな上手だねー!」
「 食堂が 華やかになったね! いいね~!」
「 最近 美術館に行っていないけど、
絵は、見る人の感性に訴えかけてくるね 」

などなど、
お褒めの言葉を頂きました d(*^^*)b

 

~~~~~

Jさんの 絵手紙の講座を 通して
思ったことですが、

絵手紙って、
マイナスなことは、ほとんど
描かない、描かれないではありませんか?

 

“ どんな 環境・状況に あっても、
枠の中にプラスの世界を描く ”

“ 前向きな枠に 前向きな中身を入れた、
前向きな世界観 ”

 

その枠を、
人の価値観というものに 置き換えて考えてみると、
枠(フレーム)の持ち方によって、
中にあるものが変わってくる ということ。

世の中が 不安定な状況だからこそ、
私たちは、どんな枠に、何を収めていくのか
それを 考えるチャンスが
来ているのかもしれません。

人も、会社も、社会も、世界も、
みんなが プラスの枠を持ち、
全てが よきパートナーとして
繋がっていけたらいいな、
と 感じました☺️

 

~~~~~

みんなと一緒に 体験し、
みんなと一緒に 完成させ、
みんなで 分かち合う ことができた、
楽しい 絵手紙の時間🎨✨

Jさん☆
みんなで もの作りをする喜び、そして
笑顔の循環を つくり出してくださり、
本当に ありがとうございました^^✨

関連記事はこちら

製造現場の変革「ムダとり虫の育成日記」坂井製作所ブログ
坂井製作所 採用情報
社長と座談会
PAGE TOP